ボルフィリン)

バストアップのためにレタスを食べよう!

そのほとんどが脂肪でできている胸を大きくするには、単純に体に脂肪を付ければ自然に胸もある程度大きくすることは可能ですが、痩せていることを美しいとする日本では、その方法でバストアップをしようとする女性は皆無と言っていいでしょう。
ここではレタスでバストアップできるかについて探っていきます。

野菜オンリーで胸を大きくすることはできませんが、たんぱく質を摂りながら野菜を摂るならバストアップは十分に可能です。
知らない人も多いでしょうが、野菜の中ではキャベツがバストアップに効果があることで知られています。
キャベツがバストアップに効果を発揮する理由は、そこにボロンという成分が多く含まれているからです。

胸を大きくするには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高める必要がありますが、ボロンにはエストロゲンの分泌を促す効果があるため、それを食べることで胸を大きくできます。
しかし、中にはどうしてもキャベツは苦手な人もいれば、毎日キャベツを食べると飽きてしまう人もたくさんいます。
そんな人にはレタスがおすすめで、キャベツまではいきませんが、レタスにもボロンが豊富に含まれています。

ボロンは熱に弱いことがあり、バストアップのためには加熱を避けなければいけないのですが、キャベツには煮たり炒める料理が多く、その点レタスはサラダとして食べる習慣があるため、毎日食べても飽きない人がたくさんいます。

エストロゲンの分泌を促すには、十分な睡眠が必要となりますが、レタスには睡眠を促す働きもあるため、バストアップには非常に向いている食べ物であると言えます。

前にも書いた通りに胸を大きくするには肉などのたんぱく質も摂らなければいけないので、肉と野菜を一緒に摂ることにより、効果を高めることになります。

このように、レタスにはボロンという胸を大きくするために必要な女性ホルモンの分泌を促す成分がたくさん含まれています。
さらにレタスには睡眠を促す効果もあり、十分な睡眠を取ることでも女性ホルモンの分泌を高めることができます。